全件表示TopRSSAdmin


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
らんちゅう産卵の準備
らんちゅうの飼育に慣れてきたら、元気なオスとメスを交配させて卵を産ませ、稚魚から育ててみましょう。
卵から育てたらんちゅうなら、可愛さも特別ですよね。
らんちゅう同士が自然に交配して孵化した稚魚も可愛いですが、自分で選んだオスとメスで交配させるのも楽しいものです。
そのようにしたい時は、らんちゅうが自然に交配してしまう前に、オスとメスを別々の池に分けておく必要があります。
水温が12度を超えたら早めに分けておきましょう。
産卵専用の池も用意しておかなければいけませんね。
お水はカルキ抜きした新水を使い、中にはメスが産卵しやすい産卵巣を入れておきます。
産卵巣には色々なものが使われますが、良く使われているものは「シュロ」と呼ばれる皮です。
シュロ皮を水草のように束にして使います。
もちろん自然の水草でも良いのですが、自然のものは動きやすいので安定が悪く、卵の付きが良くない場合があるので、初めて産卵させる人は人工の産卵巣を使った方が良いでしょう。
メスのお腹が柔らかくなり、膨らんできたら産卵間近です。
用意した産卵池にオスとメスを入れましょう。
1:1で入れても良いですが、失敗したくない場合は1:2、もしくは2:3の割合で、オスを多めに入れておきましょう。
餌は、少なめにしておきます。
特にオスに通常通りに餌を与えてしまうと、メス追いの動きが少なくなってしまうので気をつけてくださいね。
交配は通常朝からお昼頃に行われます。
午後からの産卵は、ほとんどが無精卵です。
交配するかな、という日は、朝から水槽の様子を頻繁に観察しておきましょう。
産卵された卵をそのまま放置しておくと、親らんちゅうが食べてしまうといったこともありますよ。
卵にとっても不運な事ですし、食べた親らんちゅうも体調を崩すことがあります。
しっかり見守っていてあげましょう。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

09 : 00 : 00 | トラックバック(0) | page top↑
らんちゅう交配の注意点
らんちゅう飼育に慣れてくると、らんちゅうを交配させて稚魚から飼育してみたいと思うようになりますよね。
らんちゅうが産卵するのは水温が20度以上になる春になってからですが、上手に産卵させる為には、秋から冬にかけて準備しておくことがポイントです。
らんちゅうが春になって良い産卵ができるよう、冬の間に体調をしっかり整えておいてやりましょう。
病気をさせないように水質管理を徹底し、肥満魚にさせないことも大切ですよ。
肥満になってしまうと、オスは精力が減退し、メスはお腹が膨らんで卵が詰まってしまうという危険も出てきます。
水温に気をつけて刺激のない環境で育てることも大切なのですが、過保護にすることなく、餌の与えすぎに注意し、適度な運動をさせることも大切なのです。
通常らんちゅうが冬眠から目覚めるのは、3月下旬頃です。
らんちゅうを交配させるのは、その1ヵ月後の4月下旬頃が良いでしょう。
品評会を目指して大きく成長させたいから、もう少し早く交配させたい・・・と考える人もいるかもしれませんが、らんちゅう飼育初心者の場合、交配を早めることは避けた方が良いでしょう。
まだ水温が安定していない早い時期に目覚めさせると、水温管理が難しいために水換えの時にらんちゅうが体調を崩すことになったり、うまく成長できなかったりといった問題が生じてきます。
5月に入ってから産まれたらんちゅうでも、立派に品評会に参加できますので、らんちゅうの健康管理を第一に考えるようにしましょう。

_____________________________________________________________

09 : 00 : 00 | トラックバック(0) | page top↑
エアポンプの利点と欠点
らんちゅうを飼育する為に必要になる道具は色々な物がありますが、酸素を供給する為のエアポンプも必要不可欠な物です。
エアポンプがなくても、酸素は水面から溶け込んで水の中に入ってくるのですが、やはりそれだけでは不十分です。
特に夏場は冬の10倍もの酸素が必要だと言われています。
酸素が少ない状態になると、らんちゅうは衰弱し、病気になりやすい体になってしまいます。
このような状態を避けるため、エアポンプを使って十分に酸素を送りこみ、同時に青水を使うことをお勧めします。
青水には、酸素を発生させる植物プランクトンが多く含まれています。
青水とエアポンプを使えば、酸欠になる心配はまずありません。
エアポンプは酸素を供給する働きだけだと思っている人も多いかと思いますが、エアポンプの働きはそれだけではありませんよ。
エアポンプによって水流を発生させることにより、水の中の温度差がなくなり、水質の悪化を防ぐ働きもあります。
ですがこの水流、強すぎると逆にらんちゅうに悪影響を与えることになるので注意が必要です。
らんちゅうは水流が起こると動きが活発になり、体の形が崩れることになってしまいます。
また、尾がしっかり形成されていない稚魚にエアポンプを使うと、尾の形成に影響を及ぼしてしまうといった見方もあるようです。
エアポンプを使用する場合は、このような悪影響を及ぼすこともあるということを忘れずに注意して使用するようにしましょう。

_____________________________________________________________

09 : 00 : 00 | トラックバック(0) | page top↑
らんちゅうの病気「松かさ病」・「白点病」
どんなに愛情こめてらんちゅうを飼育していても、大切ならんちゅうが病気になってしまうことは少なくありません。
らんちゅうに多い病気といえば「えら病」なのですが、その他にも様々な病気がありますよ。
最近増えているのが「松かさ病」という病気です。
ウロコが松かさのように斜めに立って、体の中から膨れたような感じになります。
エロモナス菌によるものだと考えられていますが、はっきりした原因はまだ解明されていないのが現状です。
感染力は弱い病気なのですが、一度かかってしまうと慢性化し、完治させることは難しい病気です。
薬を使うとしたら「パラザンD」や「エルバージュ」ですが、大きな効果は期待できないでしょう。
予防法として、水質管理をしっかりしてやることがあります。
「白点病」もらんちゅうに多い病気です。
水温の変動が激しい時期におこりやすく、春や秋に多い病気です。
体の一部分に白ゴマのような白点が見つかると、すぐに体全体に広がっていきます。
症状が進むと皮膚が血走りただれてきます。
早い段階で発見して塩水などで治療すれば完治できる病気ですので、毎日注意深く観察してやることが大切です。
水温や水質管理の不手際によって起こる病気なので、発生しやすい時期は特に管理に注意しましょう。
らんちゅうに良いとされる青水を使って飼育してやると、病気予防ができますよ。
水質が変わる水換え時は、水温を少し高めにして設定して病気を予防してやりましょう。

_____________________________________________________________

09 : 00 : 00 | トラックバック(0) | page top↑
塩水、高温治療
大切に飼育しているらんちゅうが病気になってしまったら、とても悲しいですよね。
らんちゅうを病気から防ぐためには、常日頃からの生活環境に気をつけることが大切ですが、万一病気になってしまったら、塩水による治療が効果的です。
塩の濃度は、高ければ良いというわけではありません。
らんちゅうの大きさによって適した濃度は異なりますが、0.3%~0.9%が通常の濃度です。
塩の濃度を高くしすぎると、逆にらんちゅうの体に悪影響を及ぼしてしまいます。
ひどい場合は、塩水によって死んでしまうことがありますよ。
多くても1.5%程度にしておきましょう。
薬を使わない治療を考えるなら塩を使う治療の他に、水温を上げて治療する高温治療も効果的です。
細菌やカビが繁殖しやすい水温は22度~26度で、それ以上高くなると繁殖しにくくなり、30度以上ではほとんどの細菌が消滅します。
らんちゅうは40度の高温であっても平気なので、高温にした方が良いということになりますが、水温を上げるタイミングには注意が必要ですよ。
一気に上げてしまうと水温の変化に弱いらんちゅうの体に良くありません。
ゆっくり時間をかけて上げていきましょう。
塩水、高温治療は、濃度や水温が高い方が病原菌に効果的なのですが、らんちゅうに悪影響を与えてしまうような失敗を防ぐためにはやり過ぎないことがポイントなのです。
初心者の場合は塩水濃度0.5%~0.7%、水温は28度~30度程度にとどめておいた方が無難かもしれませんね。

_____________________________________________________________

09 : 00 : 00 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。