全件表示TopRSSAdmin


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
らんちゅうの餌の種類
らんちゅうをお家で飼育するために、らんちゅうの餌は欠かすことのできないものですね。
まず想像するのは、市販されている人工的に作られた餌ではないでしょうか。
らんちゅう専用の餌や、熱帯魚用の餌など、市販されている餌には色々なものがあります。
手軽に入手できて安いので与えやすい餌ですが、水分が少なく消化に時間がかかるため、与えすぎには気をつけましょう。
人工餌を与える時は、生餌と組み合わせると良いですよ。
生餌とは、ミジンコや糸ミミズ、アカムシなどの餌のことです。
栄養価が高く消化も良いので、良いらんちゅうを育てるためには欠かすことのできない餌です。
欠点として人工餌に比べると入手しにくく、値段も高くなるという点があります。
店頭で見つからない時は、通販を利用すると好みの生餌を手に入れることができるかもしれません。
糸ミミズはらんちゅうがある程度大きくなってから与えましょう。
生餌の中では脂肪分を多く含んでいるので与えすぎないようにしましょうね。
人工餌や生餌とは別に、らんちゅうがサラダ感覚で好んで食べる餌は、浮き草や苔、アオコ、クロレラなどの植物餌です。
植物餌は食べすぎで太りすぎる、といった心配はなく、消化も良いのでおすすめの餌ですよ。
たんぱく質は少ないですが、ミネラルやカロチノイドなど、らんちゅうの健康維持に大切な栄要素をたくさん含んでいます。
餌を与える時はなるべく午前中にしておきましょう。
夕方になっても餌が残っている場合は与えすぎです。
夜寝る前には必ず残っている餌をとっておきましょうね。

_____________________________________________________________

09 : 00 : 00 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://lanchuu.blog76.fc2.com/tb.php/13-f560c1bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。