全件表示TopRSSAdmin


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
ヒーターの上手な使い方
らんちゅうはあらゆる水温に適応できる能力を持っている金魚で、零下1℃~38℃までの水温に適応できると言われています。
ですが急激な水温の変化には弱い性質があります。
らんちゅうの健康を害さないためにも、らんちゅうを飼育する時は水温の変化に気をつけるようにしましょう。
基本的には自然のままの水温で良いかと思いますが、1日の水温の変化は10度以内にしておく必要があります。
10度を超えている時は日除けをしたり、ヒーターを使用したりして対処しましょう。
ヒーターで水温を上げてやれば冬でも成長を促すことができます。
また、繁殖の時期や孵化日数を調節することもできますし、らんちゅうが病気をした場合には水温を上げ、効果的に治療することができます。
ヒーターは水温調節が容易にでき、手軽で良いものですが、反面、いくつかの欠点もあるので注意が必要です。
まず、らんちゅうに四季を体感させることが出来なくなります。
その結果、肥満ぎみになったり虚弱体質になったりする心配があります。
その他、水温が上がりすぎて水質が悪くなる原因となったり、水換えの時に新水との調節が難しくなったりする場合があります。
また、屋外で使っている場合、雨や雪が降った時に漏電の心配もあります。
もちろん電気代もかかってくるという点も欠点と言えるのではないでしょうか。
ヒーターを使う時は急激な水温変化は避け、ヒーターの利点、欠点を良く理解した上で使うようにしましょう。
その時、その状況に応じた使い方をすることが大切ですね。

_____________________________________________________________

09 : 00 : 00 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://lanchuu.blog76.fc2.com/tb.php/16-18223408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。