全件表示TopRSSAdmin


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
稚魚の育て方
らんちゅうの飼育に慣れてきた人は、らんちゅうの卵を孵化させて稚魚から飼育してみましょう。
稚魚から育てたらんちゅうなら、可愛さもひとしおですよね。
親らんちゅうが産卵したら、まずは卵を別の池に移しておきましょう。
交配が終わった後の池の水は、予想以上に汚れています。
そのままの状態で孵化してしまうと、稚魚が死んでしまう場合もあるので、産卵後3日くらいしたら産卵巣ごと他の池に移動しましょう。
孵化した稚魚は、お腹の部分に栄養の入った袋を抱えているので、2~3日は餌を食べません。
お腹が小さくなって少しずつ動き出すようになったら餌を与え始めます。
餌は人工の餌と生餌とあり、どちらでも良いのですが、人工餌は消化不良になりやすいので、人工餌と生餌を併用させた方が良いでしょう。
稚魚に良く使われる餌として、「ブラインシュリンプ」があります。
ブラインシュリンプは粉末や冷凍された状態でも売られていますが、稚魚にとって一番良い与え方は、生きたまま与える方法です。
通常、乾燥卵が缶詰された状態で売られています。
らんちゅうの卵が孵化したら、ブラインシュリンプの卵も孵化させておきましょう。
実際に与える時は、量に気をつけてくださいね。
成長したらんちゅうでも同じですが、一度に与える量は5分程度で食べきる量にしておきます。
稚魚のうちは、できるだけ与える回数を多くしてやりましょう。
できれば24時間、朝夜関係なく常に餌を食べられる状態にしておいてやるのがベストです。
なかなか大変ですが、稚魚のうちは人間の赤ん坊と同じく、常に見守って、手間隙かけてやることが大切なのです。

_____________________________________________________________

09 : 00 : 00 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://lanchuu.blog76.fc2.com/tb.php/22-9f7df5de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。