全件表示TopRSSAdmin


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
種親の選び方
お店などで購入したらんちゅうを飼育するのも楽しいですが、気に入ったらんちゅう同士を交配させて稚魚から飼育するのもまた楽しいものです。
良いらんちゅうを産んでもらう為には、親の選別が大切ですが、最初はどのらんちゅう同士を組み合わせたらよいのか難しいですよね。
経験によってだんだん分かってくるものなので、はっきりとした判断は難しいのですが、選別のポイントになる点はいくつか覚えておきましょう。
らんちゅうの体型は、メス親の遺伝が強いと言われています。
メス親は背骨がしっかりして太身のらんちゅうを選びましょう。
体が傷ついていたり、変形していたりする場合でも、遺伝的なものでなければ問題ありませんよ。
また、メス親は3才以上のらんちゅうを選びましょう。
2才魚は絶対に良くない、というわけではありませんが、3才魚の方が比較的大きい卵を産むためです。
卵が大きいということは、産まれてくる稚魚も大きいというわけで、稚魚の育てやすさを考えると3才魚にしておいた方が無難だと思います。
オス魚は、尾の形が良いものを選びましょう。
体型はメスの遺伝が強いですが、尾はオスの遺伝が強いと言われています。
親骨がしっかりしていて横に伸びているものが良いでしょう。
オスはメスの場合と違い、2才魚でも良いとされていますよ。
3才魚と比較すると精子の数は減ってしまいますが、2才魚の方がメス追いが良い傾向にあります。
健康で泳ぎ方が上手く、頭の良いオス親を選びましょう。

_____________________________________________________________

09 : 00 : 00 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://lanchuu.blog76.fc2.com/tb.php/23-ee7f97ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。