全件表示TopRSSAdmin


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
らんちゅうの歴史
日本で多くの人達の間で飼育されている「らんちゅう」。
らんちゅうは金魚の中でも「王様」と呼ばれるほど、特別な金魚として多くの人に愛されている金魚です。
らんちゅうが現在の魅力的な姿になるまでの歴史は、どのようなものだったのでしょう。
そもそも金魚の始まりは、西暦370年の中国で赤いフナが発見されたのが最初であると言われています。
その後様々な金魚が誕生し、らんちゅうの原種である「マルコ」が日本に持ち込まれたのは江戸時代になってからです。
この頃から日本では金魚の品評会というものが始まっていて、明治4年(1871年)の「元祖丸錦四季詠」が日本で最も古い品評会の記録として残されていますよ。
マルコはその後、ナンキン、オオサカランチュウの3つの品種に分立します。
明治時代に入り石川亀吉氏がその仲間達とともに改良をかさね、現在のらんちゅうの形を完成させました。
石川亀吉氏らは、明治17年、「観魚連」を設立し、翌年にはらんちゅうの記念すべき第一回品評会が行われましたよ。
その後、日本では大震災、太平洋戦争などが起こりますが、それらの戦火を潜り抜けて再びらんちゅうは全国に広まるようになります。
昭和31年には「日本らんちゅう協会」が設立され、これによってらんちゅうは急速に発展していき、現在の魅力的ならんちゅうへと至ることになりました。
らんちゅうは今もなお、多くの愛好家の間で品種改良が続けられています。
今後も新しいらんちゅうが登場し、私達の目を楽しませてくれることを期待しましょう。

_____________________________________________________________

09 : 00 : 00 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://lanchuu.blog76.fc2.com/tb.php/26-7fe81e05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。