全件表示TopRSSAdmin


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
らんちゅうの餌の与え方(2)
らんちゅうを上手に飼育する為に、気をつけておくポイントはいくつかありますが、餌の与え方にもいくつかの注意点があります。
一度に与える餌の量に気をつける他に、餌を与える時間も大切です。
水温が低い時間に餌を与えると、消化不良で体調を崩してしまう恐れがあります。
水温の変化は季節によって違うので、その時期に応じた餌の与え方をしましょう。
春と秋は、午前7時半くらいから午後3時くらいの間に与えましょう。
夏は水温が上がりやすいので、午前6時くらいから与えても大丈夫です。
午後は4時くらいまでが良いでしょう。
ただし、品評会に参加することを考えている場合、夏場は餌を与える時間を長くした方が良いでしょう。
照明を使い、午後8時くらいまではらんちゅうの動きを活発にしておき、餌は午後6時くらいまで与えます。
そうすれば、秋には通常より2、3cmは大きく成長してくれるはずです。
冬場は水温が低いので、餌は控えめにします。
与えなくても良いですが、与える場合はお昼頃までにしておきましょう。
餌を与える時は、これらの時間帯を守ることが大切なのですが、天候に応じて変えていく事も大切ですよ。
春や秋は、特に気温が不安定になりがちですね。
また、夏は昼間暑くても、夕方に突然雨が降り出す場合があります。
いつもより寒いなと感じたり、雨が降り出しそうに感じたりした時は、いつもより水温が低くなっている場合が多いので、餌の量は控えめにする必要があります。
気温の変化をあらかじめ予想して、餌の量を自分で調節していくことが大切なのです。
天気が悪くなりそうに感じたら、晴れて暖かい間に餌を十分に与えておきましょう。

_____________________________________________________________

09 : 00 : 00 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://lanchuu.blog76.fc2.com/tb.php/7-b5065e9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。